基本検査項目

・問診・診察
・説明・指導
・脳検査・胸部CT
・身体計測
・尿
・便
・血液型
・血液一般
・血液生化学
・胸部X線
・血清
・甲状腺機能
・呼吸器
・循環器
・生活習慣病A
・生活習慣病B
・生活習慣病C
・上部消化管①
・上部消化管②
・腹部超音波
・眼
・聴力
・腫瘍マーカーA
・乳房
・前立腺
●視力
近視の検査を行っています。
裸眼と矯正視力(眼鏡・コンタクトレンズ使用)の測定値になります。
●眼圧
角膜に空気を吹き付ける「空気眼圧法」で測定します。
眼圧が21mmHgを越える場合には、緑内障がないか眼科で確認することをお勧めします。二次検査の指示がでた方は必ず眼科を受診しましょう。
ただし、眼圧が正常でも「正常眼圧緑内障」と呼ばれる緑内障は否定できません。この場合には、乳頭部の変化が重要で眼底写真が役に立ちます。
●眼底
眼の奥にある、網膜・視神経・眼底の血管などの状態を観察しています。
眼底の血管は、唯一身体の外から見ることのできる血管です。この検査では、高血圧・動脈硬化・糖尿病の合併症の有無を見ています。網膜の病気や、白内障、硝子体混濁など、あるいは視神経乳頭の変化から正常眼圧緑内障についての情報も得られます。

上部消化管は´△里い困譴を選択