基本検査項目

・問診・診察
・説明・指導
・脳検査・胸部CT
・身体計測
・尿
・便
・血液型
・血液一般
・血液生化学
・胸部X線
・血清
・甲状腺機能
・呼吸器
・循環器
・生活習慣病A
・生活習慣病B
・生活習慣病C
・上部消化管①
・上部消化管②
・腹部超音波
・眼
・聴力
・腫瘍マーカーA
・乳房
・前立腺
腹部超音波
超音波検査では、超音波のパルスを生体にあて、各臓器から帰ってくる反射波を画像に表わしています。各臓器の大きさや形、あるいは腫瘤などがないかを調べるもので人体への影響はありません。
脾臓・膵臓については条件によって(脂肪・腸内ガス等)見えない場合があります。特に膵臓は腹部の奥に位置するため、ほかの臓器の陰になり膵頭部・膵尾部は十分見ることができません。

上部消化管は´△里い困譴を選択