基本検査項目

・問診・診察
・説明・指導
・脳検査・胸部CT
・身体計測
・尿
・便
・血液型
・血液一般
・血液生化学
・胸部X線
・血清
・甲状腺機能
・呼吸器
・循環器
・生活習慣病A
・生活習慣病B
・生活習慣病C
・上部消化管①
・上部消化管②
・腹部超音波
・眼
・聴力
・腫瘍マーカーA
・乳房
・前立腺
循環器
●心電図
当センターでは安静時の心電図を調べます。心電図では、不整脈、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)、心臓肥大などの疑いを指摘されることがあります。心電図に異常があるからといって、すぐに「病気がある」というわけでもありませんが、精密検査を勧められた方は必ず検査を受けて下さい。
●血圧(収縮期/拡張期)
収縮期血圧は心臓が最も収縮した時の血圧で、拡張期血圧は心臓が最もひろがった時の血圧です。末梢の血管が収縮すると血圧は高くなり、血管が拡張すると血圧は低くなります。また肥満の場合、全身を巡る血液量が増加するため血圧は高くなると言われています。血圧は1日の中でも変動しますので、起床後の家庭血圧測定(<135 かつ <85)なども有意義です。
●脈拍数
1分間の脈拍の数です。

上部消化管は´△里い困譴を選択